労働災害

労働災害

労働災害

通勤途中に交通事故に遭った、業務中に怪我をした、過重労働によりうつ病を発症した等、労働者の業務上または通勤途上の負傷・疾病・死亡のことを、労働災害といいます。労働災害に遭った場合、労働基準監督署に対して労災保険給付の請求を行うとともに、事業主に対しては、労災保険で補償されない損害について、損害賠償請求を行うことができます。
労災の申請手続きについては、事業主を通じて行うことが多いですが、事業主がそもそも、労災申請自体を止めるようにはたらきかけたり、労災申請の際に必要な事業主の証明手続きに協力しないということがあります。そのような場合、事業主とのやり取り自体が、負担であったりストレスになりますが、当事務所では、労災申請の手続代行のご依頼も承っており、そういったご負担を軽減することができます。
また、労災申請後に、労災と認められなかった場合や、認定内容に不服がある場合には、審査請求申立てを行うことが可能です。労災申請に対する決定通知書には、簡潔な理由しか記載されていないため、労働基準監督署が行った調査の関係資料を入手する等して認定の根拠を分析し、的確な反論を検討します。
事業主に対して損害賠償請求を行う場合、安全配慮義務違反の有無、損害額、過失相殺等の様々な争点がありますが、このうち損害額の考え方については、交通事故事件と共通する点が多くあります。当事務所では交通事故事件の取り扱い件数が多く、培ったノウハウを労働災害事件についても応用することが可能です。

PAGE TOP