労働問題

労働問題

労働問題

長引く不況を背景にして、解雇、賃金未払、残業代未払などの紛争が多く発生しています。また、各種法整備が進んだことにより、職場におけるパワーハラスメントやセクシュアルハラスメント等のハラスメント問題が、これまでよりも意識されるようになり、それらに関するご相談が増えてきたことも実感しております。
こうした労働問題について、不当解雇に対しては地位確認やバックペイの請求を行い、残業代未払いに対してはタイムカード等の証拠を収集したうえで、未払残業代の請求を行うことが可能です。タイムカードがない場合には、労働時間の立証のために、どのようなものが証拠となりうるのか、ご事情を詳しくお伺いして助言しています。また、パワーハラスメントやセクシュアルハラスメント等に対しては、実際にそれら行為を行った個人のみならず、使用者に対しても安全配慮義務違反がないかどうかを検討したうえ、損害賠償請求等を行います。
仕事上のトラブルを抱えながら勤務を続けることは、作業効率が落ちるのみならず、心身の不調につながり、私生活へも影響を及ぼしかねません。問題が拡大化する前に、早期にご相談いただくことをお勧めしております。

PAGE TOP