遺言・遺産相続

遺言・遺産相続

遺言・遺産相続

相続に関するトラブルのうち、最も多いものは、相続人の間で遺産分割の話合いがまとまらないということでしょう。
相続人が遺産の資料を開示しない、相続人が亡くなった方の預貯金を使い込んでいた、亡くなった方の介護をしていた相続人が法律で定められた相続分以上の財産の取得を主張している、など様々な理由が考えられます。感情的に対立し、話合いすらできないというケースも少なくありません。
当事務所では、相続人の代理人として、他の相続人と遺産分割の交渉を行います。必要に応じ、金融機関から取引明細を取得するなど遺産の調査を行うことも可能です。
相続発生後のトラブルを避けるためには、事前に遺言書を作成しておくことが有効となる場合が多いです。中でも、公証人が作成する公正証書遺言が有効といえます。当事務所では、ご相談者と協議のうえ、遺言書の案文を作成し、公正証書遺言作成時の証人としての立ち会いまで一貫してサポートいたします。
遺産の中に不動産がある場合、亡くなった方から相続人へ登記名義を変更することが必要となります。当事務所には、司法書士資格を併有する弁護士が所属しており、登記名義の変更までワンストップで対応することが可能です。

PAGE TOP