交通事故

交通事故

交通事故

着手金無料 【詳細はこちら

交通事故で被害に遭われると、多くの場合、事故の加害者が契約している任意保険会社とやり取りをすることになります。その際、まだ治療中であるのにも関わらず、保険会社の担当者から「治療打ち切り」を告げられることがあります。当事務所では、そのような「治療打ち切り」のご相談があった場合、事故状況やお怪我の詳細をお聴きし、時には主治医に治療状況や症状経過に関して照会を行ったうえ、保険会社に対して、治療を継続する必要性と引き続き保険対応を行うよう交渉しています。
また、治療が終了して後遺障害認定を行う際にも、必要な検査が行われ、後遺障害診断書が正しく作成されているかどうかを確認しております。
そのうえで後遺障害認定申請を行い、申請の結果、認定された後遺障害等級に不服であったり、後遺障害に該当しないと認定された場合には、MRI画像やレントゲン画像、カルテ等を分析し、異議申し立てや訴訟提起を行います。
治療が終了し、あるいは、後遺障害が認定されると、その後は、損害額を算定し、相手方に対して損害賠償請求を行います。安易に低水準で解決することなく、粘り強く相手方との交渉を重ねたり、紛争処理センターに示談あっせん申立てを行ったりし、最終的には裁判手続きも行い、ご依頼者の方に適正な補償がなされることを目指しています。
保険会社から損害賠償額の提示を受けた方はもちろん、それ以前の、治療を継続されている方、これから後遺障害申請を行う方、後遺障害等級に納得がいかない方等、ご相談者の方が置かれている状況に応じて、弁護士が代理人としてできることは少なくありません。交通事故でお困りの方は、ぜひ当事務所にご相談ください。

PAGE TOP